ホーム>業務案内>住まいの修繕サービス

ピックアップ情報

住まいの修繕サービス

ジュラク塗り替え

こちらは既存繊維壁撤去、水性アクリル塗装施工事例です。

2016126133636.JPG

現状です。古くなった繊維壁の素材が、壁からポロポロと落ちて掃除に手間取るということで、ご相談をお受けいたしました。

あわせて和室の趣を変えたいとのことでしたので、塗装させていただきました。

 

2016126134045.JPG

既存現状です。

 

2016126134149.JPG

タタミ撤去後、養生

特に木部周りは、塗料がにじみやすいので、まず車両用マスキングテープで「捨てテープ」をし、その上からマスカーで養生します。

足元は破れにくい「ノンスリップマスカー」で養生します。

 

2016126134414.JPG

養生後、噴霧器で水を壁面にたっぷり吹きかけます。これは繊維壁のノリを水で戻して、繊維を落としやすくする作業です。

 

201612613460.JPG

水が乾かないうちに金ベラで、繊維を撤去していきます。

 

2016126134743.JPG

繊維を落とした壁をシーラー処理。

表面強化をして、塗料の吸い込みを抑えます。

 

2016126134914.JPG

上塗り1回目

今回はアレスエコクリーンマット。

低臭気で、マットな艶で汚れにくい塗料です。

 

2016126135229.JPG

上塗り2回目

1回目が十分乾いてから、2回目を塗布。

2回塗ることにより、下地が十分隠ぺいされ、均一な仕上がりになります。

 

2016126135540.JPG

施工完了

2016126135618.JPG

施工完了

 いかがでしょうか。

これで壁のポロポロで悩むこともありません。

今回は天井、木部周りを濃い茶色(タナー色彩わさび)で仕上げました。

和室のコントラストが冴え、重厚感が甦りました。

和室の修繕もぜひお任せください

ジュラク・土壁・繊維壁の再生

ジュラク再生1のサムネイル画像

 

和室のジュラク・土壁・繊維壁の汚れ、ポロポロと落ちる埃を塗装で再生いたします。

古くなるとゴミが落ちるだけでなく、カビもついていかにも古びて見えます。

 

ジュラク再生

 

塗装を施すことにより、カビが消え、光の反射も増しますので、部屋全体が明るくなります。

なによりポロポロと落ちるゴミが一切なくなります。

ぜひお気軽にご相談くださいませ。