ホーム>ポインテリア日誌>最近の作業場

ピックアップ情報

最近の作業場

お風呂場の塗装

前回の投稿から時間が空いてしまいました。

お風呂場のリフォームの施工例です。

最近はお風呂場の専門業者も出来たようで、お客様のご要望も増えているようですね。

塗装によるリフォームも少しづつ認知されてきたようです。

2019330153655.JPG

201933015466.JPG

写真が横になってしまいますが、施工前です。

ホーローの浴槽はサビが出ています。タイルも目地が黒ずんでいますね。

2019330154733.JPG

201933015484.JPG

ホーロー・タイル共に研磨。ホーローのサビはひどいです。

2019330154858.JPG

2019330154933.JPG

ホーローの欠損部分と、タイルの亀裂をパテ処理します。

2019330155358.JPG

ホーローは下地処理材を塗布

2019330155517.JPG

タイルは浴室専用塗料1回目

2019330155642.JPG

写真が中途半端で申し訳ないのですが、ホーロー・タイル共に専用塗料を2回塗布します。

201933015582.JPG

ホーローはさらにクリアで仕上げます。

201933016054.JPG

写真が横になってしまいますが、施工前と比較してみてください。

キレイに仕上がりました。

 

浴室のお悩みも塗装で解決できます。

大幅改装より格段にお安く出来ますので、お悩みの方はお気軽にご相談くださいませ。

バスタブの塗装について

昨日より某宿舎の居室内ユニットバスのバスタブの塗装を行っております。

経年劣化もあり黄ばんだ汚れが除去出来ないことはよくあります。

洗剤でも落ちない場合、バスタブの交換というわけにもいかず

悩んでおられる方が多いお話はよく伺います。

そんな時に塗装がお役に立てます。

2019117142653.JPG

少々分かりにくいですが、底に近い部分の側面が黄ばんでおります。

この上から再塗装いたします。

2019117142931.JPG

まずは表面をスコッチブライトで研磨します。

2019117143025.JPG

そしてシンナーで脱脂を2回行い、表面に付着した洗剤や油を除去します。

2019117143130.JPG

それからバスタブ専用塗料1回目を塗装します。

1回目を塗装したら2回目翌日施工します。

2019117143254.JPG

1回目2回目共に刷毛で施工しております。

2019117143338.JPG

2019117143357.JPG

キレイに仕上がりました。

作業そのものはいずれも短時間ですが、養生時間が必要になるため

おおむね3日間お時間をいただけると間違いありません。

 

これからアパートの入退去のシーズンになりますが、

古い汚れでお悩みの方、塗装も一つの手段ですのでぜひご検討くださいませ。

今年もよろしくお願いいたします。

201914151912.JPG

皆様あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年の営業は7日からですが、自分は早めに会社でごそごそとしております。

昨年は天候に左右された一年となりましたが、近年の気候変動は我々の業種に大きく影響を与えそうです。

今年からは天候の変化も考慮して、作業に取り組みたいと思います。

 

年明け近くの神社に初詣に出かけました。

今日のような天気が、少しでも長く続くといいなぁ~と思います。

今年もよろしくお願いいたします。

年内の営業は本日までです。

今年は天候に左右されて、一喜一憂する毎日を過ごしておりました。

気が付けば、今年のHPの更新もわずかになっていました。

有難いことに夏から集合住宅の塗装と、アパートの塗装が相次いで

なかなかに大変な下半期でした。

皆様良い年末をお過ごしください。

今年の施工を写真でご紹介いたします。

ぜひご覧くださいませ。

年末は本日までの営業、来年は7日から開始いたします。

新しい年もよろしくお願いいたします。

2018122810567.JPG

 

20181228105650.JPG

 

20181228105942.JPG

 

2018122811021.JPG

 

201812281117.JPG

 

 

最近の施工

201892110944.JPG

久しぶりの更新になります。

気が付けば前回の更新から半年以上経ってました。

業界的には、今の時期が繁忙期になり忙しくさせていただいております。

 

現在はこちらでお世話になっております。

引き続き安全第一で作業いたします。

ご安全に!

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

新年は本日より業務を開始しました。

新しい年も多くの皆様のお役に立てるよう

精進いたします。

よろしくお願いいたします。

最近の施工です。

秋も深まってまいりました。

更新が滞っております。

最近の施工をまとめてご紹介いたします。

2017111415159.JPG

市内住宅

2017111415166.JPG

市内アパート

20171114151659.jpg

市内住宅

20171114151816.jpg

市内住宅

それぞれの施工については、改めてご紹介します。

いましばらくお待ちくださいませ。

最近の様子です。

更新が遅くなり申し訳ありません。

お盆休みも今日までと言う方も多いのではないでしょうか。

弊社も明日より業務再開です。

 

この夏は7月に高温の状態が続き、僕たちも暑さにまいっておりましたが

台風通過後、比較的過ごしやすくなりました。

 

とはいえ、まだまだ熱中症への対策が必要な時期です。

どなた様も健康管理を十分に行い、

暑さを乗り切ってまいりましょう。

 

最近の施工状況については、

コチラ→http://www.pointerior.biz/gallery/paint/house/で、

ご紹介いたしますので、ぜひご覧くださいませ。

 

鉄板屋根の塗装、瓦棒

天候に恵まれて作業も進みます。

今日は鉄板屋根、瓦棒の紹介です。

201752217243.JPG

古くなった鉄板屋根が錆びている状態です。

鉄の場合は、錆が進行すると鉄そのものの欠損につながり

最終的には穴が開き、そこから雨漏りをする可能性があります。

早めに処置されることをオススメいたします。

2017522172557.JPG

2017522172634.JPG

まずは既存のサビをケレン(研磨)して、極端な浮き・剥がれを除去します。

あわせて錆びている部分以外のところも研磨して、塗料の食いつきを良くします。

2017522172819.JPG

その上からエポキシ系サビ止め処理をします。

サビ止めは鉄と空気が触れることを遮断します。

そのことで鉄の酸化を防ぎます。

また上塗りのノリを良くします。

2017522172945.JPG

サビ止め完了後です。

2017522173025.JPG

上塗り一回目です。

2017522174017.JPG

上塗り2回目です。

2回の上塗りを行うことにより、確実に鉄板を塗料で隠ぺいし

酸化から鉄を守ります。

2017522174137.JPG
 

完了です。

鉄に限らず、塗装でメンテナンスすることにより

素材を経年劣化から確実に守ります。

屋根は地上から見えにくいですが、

今の時期気にかけてみてくださいね。

セメント瓦塗装

この5月は晴天に恵まれて工事が進みます。

屋根の塗装が多かったので、少し安心しております。

今日はセメント瓦の塗装のご紹介です。

今回は表面強化材に「スラリー強化プライマー」を施工しました。

2017520101546.JPG
 

塗装前の既存の状態です。経年劣化で塗装が剥げて素地が見えています。

この状態で長く放置しますと、雨水が瓦本体に侵入します。

その水が冬場に凍結する際、体積が増えるため瓦本体の欠損につながります。

このような場合は早めに塗装を行い、雨水の侵入を防ぐ必要があります。

2017520102142.JPG

表面のゴミを除去し、高圧洗浄で旧塗膜を剥離します。

あわせて瓦の上のゴミを除去します。

2017520102251.JPG

洗浄後の状況です。

既存の状態より、塗膜が剥離され素地が見えるようになりました。

わずかに残っている塗料は密着して、剥離できないものです。

2017520102436.JPG

スラリー強化プライマーを噴霧器で塗布します。

多く塗布することにより、瓦本体に浸透させ内部を強化するとともに

瓦の表面を強化し、塗料の密着をよくします。

2017520102619.JPG

スラリー強化プライマー塗布後です。

乾燥後でも光沢が出ています。

2017520102722.JPG

乾燥後、上塗り1回目を塗装します。

今回は水性シリコンです。

表面強化がしっかり行われているので、塗装もスムースです。

2017520103031.JPG

上塗り1回目施工後です。

色が甦ります。

2017520103125.JPG

上塗り2回目です。

2回の上塗りにより、確実に塗料で瓦表面を隠ぺいします。

2017520103232.JPG

完了です。

光沢が戻りました。

このような工程を通して、素地を隠ぺいすることにより

雨水の侵入を防ぎ、また美観を回復します。

 

これから雨の多い季節になります。

早めの対策をオススメいたします。