ホーム>ポインテリア日誌>2020年2月

ピックアップ情報

2020年2月

家電製品 塗装

今日は少し変わった塗装のご紹介。

以前お客様のご要望で新品のエアコンの塗装を行いました。

20202191109.JPG

確かに内装のクロスとか、床とかを雰囲気のあるものにしても

画一化された家電製品ではいまいちという場合もあると思います。

 

塗装すれば内装の雰囲気にあった色に変えることは可能です。

複雑な精密機械では難しいこともありますが、

家電製品であればおおむね塗装が可能だと思います。

家電製品の雰囲気を変えたいと思う方は、

ぜひ一度ご相談くださいませ。

看板支柱 塗装

先週は天候に恵まれて外部の作業も進みました。

 

2020217152222.jpg

2020217152244.jpg

某店舗看板支柱です。

性質上どうしても雨を受け、水が溜まりやすい構造であるため

経年劣化は避けられない場所ですね。

鉄は錆びが進行すると強度に影響が出るため、定期的なメンテナンスが不可欠です。

2020217152432.JPG

202021715256.JPG

ケレンを行い、浮いた錆びを除去します。

2020217152551.JPG

2020217152621.JPG

2020217152653.JPG

さび止め施工

2020217152731.JPG

202021715286.JPG

弱溶剤ウレタン1回目

2020217152844.JPG

2020217152923.JPG

弱溶剤ウレタン2回目で完了です。

2020217153039.JPG

202021715316.JPG

塗装とは表面のわずかな薄い膜でしかありませんが、

この膜が素材の劣化を食い止めます。

ただし、構造や素材を変更するわけではないので、定期的な保守・メンテナンスが必要になってきます。

一般住宅においても鉄は様々な箇所で活用されています。

今一度ご自宅周辺をご確認いただき、早め早めのメンテナンスを心がけてくださいませ。

ビニールクロス塗り替え ヤニ止め

先日は屋内喫煙室の改装工事にお伺いしました。

4月から屋内での喫煙にも規制が設けられるようで、某所での改装工事です。

たばこのヤニはなかなかに厄介なもので、専用のシーラーで塗装後のヤニの表出を止めます。

今回は関西ペイントのストップシーラーで処理を行いました。

202021516714.JPG

ビニールクロスの表面に付着したヤニは清掃では落ちにくいですよね。

202021516102.JPG

ストップシーラーは白色のシーラーです。

このシーラーでヤニを隠蔽します。

202021516111.JPG

天井はジプトンでしたが、こちらもストップシーラーで処理します。

くれぐれもお気を付けいただきたいのが、DIYで塗装をされる場合通常のシーラーではヤニを止めることは出来ません。

2020215161220.JPG

上塗りは関西ペイントのエコクリーンマットです。

202021516130.JPG

2020215161326.JPG

上塗りは2回です。

2020215161356.JPG

2020215161427.JPG

2020215161456.JPG

キレイになりました。

清掃では落ちないヤニも塗装でキレイになります。

クロスの張替えよりも工期も短く終わります。

お気軽にご相談くださいませ。

バルコニーの手摺 除雪をお願いします。

松江市近郊は久しぶりの積雪になりました。

何度かご案内しておりますが、サイディング張りのお宅でバルコニーの手摺がサイディング張りのお住いの場合、

積雪の際は一日一回の除雪をお願いいたします。

2020269220.JPG

特に塗装の傷んだサイディングの場合、サイディングに浸透した水分の体積変化が

凍害と言う現象を起こすためです。

冬場水分は凍結と融解を繰り返します。

凍結すると体積は膨張し、融解すると体積は収縮します。

サイディング内部に水分が浸透した場合、体積の変化によりサイディング内部の素材を破壊する可能性があります。

これをサイディングの凍害と言います。

 

凍害が起きたサイディングは塗装では修繕が出来ません。

自分らもこのことを知らすに塗装を行い、塗装の剥離を経験しました。

一度凍害が起きたサイディングは張替え以外に修繕方法はないと認識しております。

20202691244.JPG

 

20202691337.JPG

 

20202691414.JPG

少しだけ手間のかかることですが、少しの手間で守れるものがあります。

該当する皆様は、一日一回バルコニーの手摺をご確認くださいませ。

モルタル造形

20202593140.JPG

今日は自分の仕事ではないのですが、知り合いの内装装飾の専門家の方の作品の紹介です。

モルタル造形と言って、モルタルを使って空間を装飾する技術です。

重厚感のあるモルタル打ちっ放しに見えますが、これは内部の壁面に造形する技術です。

20202593356.JPG

実際写真は某所一般住宅の内部です。

どう見ても一般住宅には見えないですよね。

特に店舗の内装などで人気があります。

塗装ではなく左官技術でこのような装飾を施すことで、重厚感を演出しています。

20202593644.JPG

近年はエイジング技術を活用して、素材の質感をそのまま装飾に活用する装飾が人気があるようです。

 

自分は専門外ですが、これはこれで大変興味深いものです。

店舗などで提案出来たらいいなと思い、ご紹介しました。

色のお話し

先日の色のお話しを違う角度から。

 

ご承知の通り、色には様々な感覚的・心理的効果があることはよく知られております。

例えば重量。

工場のパレットなどは、作業される方の心理的負担軽減の観点から

暗い色のものより、明るい色のものが多いことは知られております。

これは心理的な重量感を軽減し、疲労度を減らす目的で明るい色にされております。

同様に温度も色によって体感が変わります。

暖色・寒色と言われる所以ですね。

 

その他心理的効果も有名です。

例えば街灯を青い色の照明に変えたところ、犯罪や交通事故が軽減されたというお話しもありますね。

 

このように同じ素材でも色を変えることにより、感覚的・心理的な影響があります。

住宅塗装をご検討の際、このような色の効果についても検討されると

日々の生活の気分も大きく変わるかもしれません。

ぜひご検討くださいませ。

木部 デッキ 塗装

先日作業を行いました。

近年バルコニー同様、デッキのあるお宅も増えております。

住宅塗り替え寺にも多く拝見しますが、デッキの保守メンテナンスもなかなかに難しい問題です。

202021161643.jpg

今回も新設のデッキでした。

自分としては屋外の木材は浸透性保護塗料がオススメです。

少し前まで天然系の塗料が流行っていましたが、自分としては少しだけ化学の力も必要なのかな?というのが持論です。

最近の塗料はいずれもF☆☆☆☆の認定を受けているため、人体への影響はほとんどないものばかりです。

天然系の塗料の方が確かに理想的ではありますが、高額な割には機能や耐久性が特別優れているというわけでもないように感じます。

202021161953.jpg

屋外のデッキなどは、比較的施工もしやすいので

DIYなどに取り組まれるのもオススメです。

 

その際、ホームセンターの塗料の内容成分は我々専門業種が記載をみてもよくわからない場合が多いです。

その際はぜひ我々専門業種にご相談ください。

ホームセンターよりも割安で良い塗料を仕入れることが可能です。

 

デッキは家の中でも傷みやすい場所ですので、DIYなどで塗装を繰り返し長持ちさせましょう。

お気軽にご相談くださいませ。