ホーム>ポインテリア日誌>最近の作業場>バスタブの塗装について

ピックアップ情報

最近の作業場

バスタブの塗装について

昨日より某宿舎の居室内ユニットバスのバスタブの塗装を行っております。

経年劣化もあり黄ばんだ汚れが除去出来ないことはよくあります。

洗剤でも落ちない場合、バスタブの交換というわけにもいかず

悩んでおられる方が多いお話はよく伺います。

そんな時に塗装がお役に立てます。

2019117142653.JPG

少々分かりにくいですが、底に近い部分の側面が黄ばんでおります。

この上から再塗装いたします。

2019117142931.JPG

まずは表面をスコッチブライトで研磨します。

2019117143025.JPG

そしてシンナーで脱脂を2回行い、表面に付着した洗剤や油を除去します。

2019117143130.JPG

それからバスタブ専用塗料1回目を塗装します。

1回目を塗装したら2回目翌日施工します。

2019117143254.JPG

1回目2回目共に刷毛で施工しております。

2019117143338.JPG

2019117143357.JPG

キレイに仕上がりました。

作業そのものはいずれも短時間ですが、養生時間が必要になるため

おおむね3日間お時間をいただけると間違いありません。

 

これからアパートの入退去のシーズンになりますが、

古い汚れでお悩みの方、塗装も一つの手段ですのでぜひご検討くださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pointerior.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89